WordPressの記事の中でPDFをそのまま埋め込んで表示したい時がありますよね。メディアの媒体資料やプレゼン資料、企業の業績連絡などのPDFファイルをそのまま埋め込めれば、ユーザーに対しても親切です。

WordPressは初期状態ではPDFの埋め込みができないので、今回はショートコードでPDFファイルを埋め込み表示できるWordPressプラグイン「PDF Embedder」をご紹介します。無料で利用可能です。

「PDF Embedder」機能概要

PDF Embedder

  • PDFをショートコードで埋め込み
  • 最大表示サイズの設定可(レスポンシブ対応)
  • クラシックエディタ・グーテンベルクで利用可
  • 有料版もあるが、PDF埋め込みだけなら無料プランで十分

インストール&公式サイト

管理画面から「PDF Embedder」を検索してインストールするか、下の左側のボタンからもダウンロード可能です。プラグインファイルを wp-content/pluginsディレクトリにアップした後、管理画面から有効化してください。

右側のボタンは「PDF Embedder」の公式サイトに飛びます。

PDF Embedder 公式サイト

PDFを記事に埋め込んでみよう

クラシックエディタ(Classic Editor)とグーテンベルク(‎Gutenberg)では埋め込み方法が若干異なるため、それぞれ解説します。

クラシックエディタ

クラシックエディタ
記事の編集画面で「メディアを追加」をクリック。

メディアアップロード
埋め込みたいPDFをアップロードし、「投稿に挿入」をクリック。

ショートコード生成
ショートコードが生成されました。挿入の方法は以上です。

グーテンベルク

グーテンベルクPDF Embedderの画面
記事編集画面で「PDF Embedder」のアイコンが出ているのでクリック。

PDFをアップロード
「Click here to Open Media Library to select PDF」をクリックで、メディアアップロード画面を開く。

ファイルアップロード画面
埋め込みたいPDFをアップし、投稿に挿入すれば完了。

初期設定

pdfembedder settings

無料版で制御できる設定は下記のみ。基本的には初期設定のままでも大丈夫です。

幅: max
縦: max
ツールバーの位置: 下部
ツールバー表示: 文書マウスオーバー時のみツールバーを表示
Display Credit:チェック外した状態

プレミアムプランの概要

「PDF Embedder」プラグインはプレミアムプランもあります。1サイト単体のライセンスなら20ドルから購入できます。月額ではなく買い切りですね。

  • Single site license – $20.00
  • 2-5 site license – $30.00
  • Unlimited sites license – $50.00

PDF Embedder Premium | PDF Plugins for WordPress

プレミアムプランでは下記のことができます。

  • ページ間の連続スクロール
  • ユーザーがPDFファイルをダウンロードできる
  • 全画面ボタンがつく
  • PDF内の外部リンクを外窓で開ける
  • ページ番号の入力で、ページに直接ジャンプ
  • PDFのビュー数・ダウンロードの数を解析できる
  • 広告(クレジット表記)を非表示に出来る
  • モバイルフレンドリーなPDFを表示

まとめ

簡単にPDFが埋め込めるのは便利ですね。PDFを埋め込むだけなら無料プランでも十分だと思います。

プレミアムプランにすると埋め込んだスマホで見やすくなったりとPDFのみやすさがアップしますので、WordPress内で頻繁にプレゼンやマニュアル資料を埋め込みする人は、購入を検討してもいいかもしれません。買い切りで20ドルはお手軽な価格ですし。