「Webサイトにパスワードを設定して閲覧を制限したい」

パスワード認証を行う方法として「Basic認証」が有名ですが、サーバーのファイルの書き換えが必要なため、操作に慣れていない方にとっては意外と難しいんですよね。

当記事では、WordPressの管理画面からサイト全体にパスワードをかけれるプラグイン「Password Protected」をご紹介します。サイト公開前や不具合発生時等にお使いください。

「Password Protected」とは

サイト内全てのページにパスワード認証を設定できます。有効化してサイトにアクセスすると、下記の画面が表示されます。こちらにパスワードを入力し、ログインボタンを押すと、閲覧できるようになります。

パスワード入力画面

プラグインのインストール

管理画面から「Password Protected」を検索してインストールするか、下のボタンからもダウンロード可能です。プラグインファイルを wp-content/pluginsディレクトリにアップした後、管理画面から有効化してください。

Password Protectedを追加

Password Protected

「Password Protected」の使い方

「設定」>「パスワード保護」を押して設定画面を開き、下記の手順で進めてください。これだけでパスワード認証を導入できます。

  1. 「パスワード保護の状況」にチェックを入れる
  2. 「新しいパスワード」に設定したいパスワードを2回入力
  3. 「変更を保存」を押す

パスワード保護の設定

各オプションについては下記をご覧ください。

パスワード保護の状況 チェックを入れると、パスワード認証を有効化します。
許可する権限 認証無しでサイトにアクセスできる権限です。
新しいパスワード サイト全体にかけるパスワードを入力します。
許可する IPアドレス 入力したIPアドレスから認証無しでアクセスできるようになります。
二度目以降は不要にする チェックを入れると認証画面で「 ログイン状態を保存する」のチェックボックスが表示されます。
一定期間パスワードを入力せずともサイトにアクセスできます。
許可を保持する日数 上記にチェック入れた場合のパスワードを入力しなくてよい日数を入力します。

まとめ

サイト全体にパスワード認証をかけれる「Password Protected」の使い方について解説しました。今回はシンプルな認証でしたが、他にも様々な認証を可能にするプラグインが存在しますので、下記参考に導入してみてください。