文字列型は、数値型と同じようにJavaScriptで頻繁に使われている基本の型です。
今回は、JavaScriptにおける文字列型について解説していきます。
文字列の作成や、文字列を使った操作方法を学んでいきましょう。

文字列型(String)

JavaScriptの文字列型は、typeof演算子を使って型を調べると"string"と表記されます。
言葉の通り文字が連結した列であることを意味します。

console.log(typeof '文字列'); // "string"

もう少し詳しく構造的な話をすると、例えば、コンピュータ上には、「あ」という文字をそのまま保存することができないため、ビット列へ変換し、コンピュータに認識させることが必要です。
この文字からビット列へ変換することをエンコード(文字符号化)と呼びます。

そこで重要になってくるのが、「Unicode」と「UTF-16」です。

// UnicodeとUTF-16とは?
* Unicodeは、世界中で使われている文字を集め、各文字に対して文字コードが振られている仕様
* UTF-16は、Unicodeで定義されている文字を16ビットのビット列に変換するためのエンコード方式

つまり、JavaScriptでは、文字列を扱うために、文字コードとしてUnicode、エンコード方式としてUTF-16を採用しているということです。
ここでは、ポイントだけおさえておけば問題ありません。

文字列の扱い方

ここからは、文字列の扱い方を見ていきましょう。

文字列を作成する

以下の3種類の引用符を使って文字列を作成することができます。

・ダブルクォート:"Hello"
・シングルクォート:'Hello'
・バッククォート: `Hello`

まず、ダブルクォートとシングルクォートは、どちらも単純な引用符で、文字全体を囲うと、文字列を作成することができます。

let string1 = "文字列";
let string2 = '文字列';

console.log(string1); // "文字列"
console.log(string2); // "文字列"

console.log(string1 === string2); // true

ダブルクォートとシングルクォートに意味の違いはありません。
プロジェクトのコーディング規約によっても異なり、JavaScriptに関する参考資料に使われているクォートもさまざまです。
どちらを使うかは好みの問題ですが、統一するように心がけましょう。

バッククォートは、文字全体を囲うことで、文字列を作成できる点は上記2つと変わりありません。
それに加え、文字列中に改行を入力できること、文字列中に変数を埋め込むことができます。

// 一般的な文字列の作成
let string = `Hello!`;
console.log(string); // "Hello!"

// 文字列の改行
let javascript = `I
love
JavaScript`;
console.log(javascript);
/*
"I
love
JavaScript"
*/

// 変数の埋め込み
let year = 2022;
console.log(`Hello, ${year}!`); // "Hello, 2022!"

バッククォートで囲まれた文字列の間に、変数を${}の中にラップすることで、文字列の中に埋め込むことができます。
これをテンプレートリテラルと呼びます。

また、変数だけでなく、その中で算術表現をすることも可能です。

console.log(`498 + 235 = ${498 + 235}`); // "498 + 235 = 733"

このような変数の埋め込みを他のクォートで表現することはできません。
単純に文字列として表示されてしまうため、注意してください。

let name = 'John';

console.log("My name is ${name}"); // "My name is ${name}"

文字列を改行する

シングルクォートまたはダブルクォートで作成した文字列を改行するには、エスケープシーケンスを使用します。
改行したい位置にエスケープシーケンスであるnを入力します。

let phrase = "Hi,nI am learning JavaScriptnIt's so fun!"

console.log(phrase);
/*
"Hi,
I am learning JavaScript
It's so fun!"
*/

文字列を結合する

文字列を結合するには、文字列結合演算子+を使います。

let name = 'Java' + 'Script';
console.log(name); // "JavaScript"

また、変数と文字列を結合することも可能です。

let name = 'JavaScript';
console.log('Learning ' + name + ' is so fun!'); // "Learning JavaScript is so fun!"

文字列の長さを調べる

文字列の長さを調べるには、lengthプロパティを用います。
調べたい文字列の後ろに.lengthを繋げると、その文字列の要素の長さが返ります。

console.log('こんにちは'.length); // 5

まとめ

今回は、JavaScriptの文字列型の扱い方について解説しました。

// ポイント
* JavaScriptの文字列型は、UnicodeとUTF-16で格納されている
* 文字列の作成には、ダブルクォオート、シングルクォート、バッククォートを使う方法がある
* テンプレートリテラルを使って、変数を文字列内に埋め込むことができる
* nで文字列の改行、+で文字列の連結、.lengthで文字列の長さを調べることができる

文字列はJavaScriptを学ぶ中で、取っ付きやすいデータ型でもあります。
少しずつ基本の操作が行えるように練習していきましょう。

合わせて読みたいデータ型入門シリーズ

第1回:データ型とtypeof演算子
第2回:データ型 -プリミティブ
第3回:データ型 -オブジェクト
第4回:文字列型(String)(当記事)
第5回:数値型(Number)
第6回:論理型(Boolean)
第7回:null型・undefined型