これまでのDOM操作では、既存のノードにアクセスしたり変更を行う方法を見てきました。

動的なページを作成するには、既存のコンテンツを変更するだけでなく、時には元々無かったコンテンツを新しく作成することも必要です。
そこで今回は、新しいノードを作成する方法を解説していきます。

ノードを作成するメソッド

動的なページを作成している際、その場で新しい要素を作成したい場面があるかもしれません。
そのような場合、新しくノードを作成するためのcreate系メソッドが使用できます。

どのようなノードを作成したいか、種類によって使用できるメソッドが異なります。
以下が各ノードに対応するメソッドです。

  • createElement():要素ノードの作成
  • createTextNode():テキストノードの作成
  • createAttribute():属性ノードの作成
  • createComment():コメントノードの作成

主にcreateElementメソッドが使用されますが、ノードの作成方法として一緒にインプットしておくと良いでしょう。

それでは一つずつ見ていきます。

要素ノードの作成

createElementメソッドを使うと、新しい要素ノードを作成することができます。

document.createElement(tag);

引数に指定されたタグの新しい要素ノードが生成されます。戻り値はElementオブジェクトです。

例えば、divタグの要素ノードを新しく作成したい場合、このように書くことができます。

let element = document.createElement('div');

変数elementに対して、ノードの種類や名前、値を取得してみます。
その際、nodeType・nodeName・nodeValueプロパティを使うとかんたんに確認することができます。

console.log(element.nodeType); // 1
console.log(element.nodeName); // "DIV"
console.log(element.nodeValue); // null

ノードの種類は1です。これは要素ノードに該当します。
ノードの名前は”DIV”で、名前の通りdivタグであることを表します。
また、ノードの値はnullとなります。要素ノード自体には値がないためです。

これらの結果からdivタグが作成されたことが分かります。

テキストノードの作成

createTextNodeメソッドを使うと、新しいテキストノードを作成することができます。

document.createTextNode(text);

引数に指定されたテキストの新しいテキストノードが生成されます。戻り値はTextオブジェクトです。

では、テキストノードを作成し検証してみましょう。

let text = document.createTextNode('Hello!');

console.log(text.nodeType); // 3
console.log(text.nodeName); // #text
console.log(text.nodeValue); // "Hello!"

ノードの種類は3、つまりテキスノードです。
ノードの名前は#textです。テキストノードであれば常に#textというラベル付された名前が返されます。
さらにノードの値は引数に指定したテキスト”Hello!”となります。

これで”Hello!”という値を持つテキストノードが作成されたことが確認できました。

属性ノードの作成

createAttributeメソッドは、新しい属性ノードを作成します。

document.createAttribute(attribute);

引数に指定された属性名の新しい属性ノードが生成されます。戻り値はAttrオブジェクトです。

例えば、’header’という値を持つ属性を作成する場合、次のように書くことができます。

let attr = document.createAttribute('id');
attr.value = 'header';

console.log(attr.nodeType); // 2
console.log(attr.nodeName); // "id"
console.log(attr.nodeValue); // "header"

2は属性ノード、”id”が属性名、”header”が属性値です。
これで”header”という値を持つid属性を作成することができました。

コメントノードの作成

createCommentメソッドは、新しいコメントノードを作成します。

document.createComment(comment);

引数に指定されたコメントの新しいコメントノードが生成されます。戻り値はCommentオブジェクトです。

では、これまでと同じように新しくコメントノードを作成してみましょう。

let comment = document.createComment('Fixed the bug');

console.log(comment.nodeType); // 8
console.log(comment.nodeName); // #comment
console.log(comment.nodeValue); // "Fixed the bug"

8がコメントノード、#commentがコメントノードを表す常に一定のノード名です。
さらに、”Fixed the bug”というコメントノードが持つ値が取得できていることが分かります。

まとめ

今回は、新しいノードを作成するメソッドについて解説しました。

// ポイント
* createElement():要素ノードの作成
* createTextNode():テキストノードの作成
* createAttribute():属性ノードの作成
* createComment():コメントノードの作成

createという名前が付くように、ノードを作成するための機能を持ちます。
そのため、新しく作成したノードはあくまで作成されただけで、実際に活用するにはDOMに追加する必要があります。
詳しくは、次の記事で解説していきますが、まずはノードの作成方法を覚えておくと良いでしょう。

合わせて読みたいDOMシリーズ

第1回:DOMの仕組みと構造
第2回:DOMナビゲーション
第3回:要素ノードの検索 -getElement
第4回:要素ノードの検索 -guerySelector
第5回:ノードの種類・名前・値の取得
第6回:HTMLコンテンツの取得と書き込み -innerHTML
第7回:テキストの取得と書き込み -textContent
第8回:要素の属性の取得・設定・削除
第9回:要素のスタイルの取得・設定・削除
第10回:新しいノードの作成(当記事)
第11回:ノードの追加・置き換え・削除
第12回:要素にテキストを追加する方法