WordPressで運用しているサイトをほかのサーバに引っ越しをしたり、あるいはテスト用に別の環境にコピーするのは意外と骨が折れる作業です。データは何とか移したものの、重要なプラグインが入ってなかったり、テンプレートも移してなかったりなどなど、やらなければならないことが多いことに気がつかされます。

そこでオススメしたいのが、「Duplicator」というWordPressのプラグインです。これを利用すると、記事だけではなく、テンプレートやプラグインも含めて、まるごとそのままほかの環境にコピーできます。

プラグインのインストール

WordPressダッシュボードの左メニュー(プラグイン > 新規追加)から「Duplicator」と検索して、インストールして下さい。

もしくは、下記のURLからプラグインをダウンロードして、wp-content/pluginsディレクトリにインストール。その後、管理画面から有効化してください。

Duplicator

「Duplicator」の使い方

プラグイン有効化後、ダッシュボードの左メニュー内に「Duplicator」というメニュー項目が増えていますのでそちらにアクセスします。

コピー元のサイトからダウンロード

「Duplicator」は、インストーラーファイルとアーカイブファイルのパッケージを出力し、それを移行先で展開するという仕組みになっています。そこで、まず新規のパッケージを作成するために「Create New」をクリックします。

duplicator01.fw

「Name」にパッケージの名前、「Notes」に説明をそれぞれ記載します。これは自分がわかりやすいものにしておけば良いでしょう。準備ができたら、「Next」をクリックしてください。

duplicator02.fw

サイトのスキャンが行われ、問題がなければ「Good」と表示されます。続けて「Bulid」をクリックします。

duplicator03.fw

パッケージの準備ができました。青いボタンの「Installer」と「Archive」をクリックし、それぞれのファイルをダウンロードします。

duplicator04.fw

duplicator05.fw

今回は、例として新規にインストールしたWordPressのサイトにデータを移行します。あらかじめ無駄な記事などを削除しておきました。ちなみに、この状態でプラグインやテーマなどもなにも変更していない素の状態になっています。

duplicator06.fw

FTPでコピー先にアップする

先ほどダウンロードしたパッケージのふたつのファイルを、移行先のWordPressのディレクトリーにFTPでアップロードします。

duplicator07.fw

インストーラーを起動させる

FTPでアップロードしたinstaller.phpをブラウザで開きます。ブラウザの検索バーでWordPressがインストールされているコピー先のサイトURLの末尾に「installer.php」を追加して、クリックします。

インストーラーをブラウザで開く

例: https://tcd-theme.com/installer.php

インストーラー設定

インストーラーが起動したら、「Archive File Name」に先ほどダウンロードした「Archive」データのファイル名を入力(zipのまま)し、「Submit」ボタンをクリック。

例: 20221027_e38396e383ade382b0e38384e383bce_18031a092e9c_archive.zip

duplicator-installer

Action: 上書き、削除&コピー選択
Host: ホスト名
Database: データベース名
User: ユーザー
Password: パスワード

サイトの引っ越しをする場合は、Actionで「Connect and Remove All Data」を選択しましょう。

Duplicatorのインストーラー起動画面

「Auto delete installer files after login to secure site (recommended!)」にチェックを入れた状態で、管理画面にログインしましょう。

ログイン後、無事引っ越しが完了します。早速サイトをチェックしてみましょう。

プラグインをチェックしてみると、なんと移行元のサイトと同様の状態でインストールされています。

duplicator15.fw

テーマも使用しない物も含めて、すべて移行されていました。

duplicator16.fw

サイトの記事もしっかりと移行されています。

duplicator17.fw

いかがだったでしょうか? 記事数が膨大にあるようなサイトではうまくいかないこともあるようですが、小~中規模のサイトならばかなり便利にサイトのデータや環境をコピーすることができます。

簡単に元のサイトの環境をまるごと再現できるため、バックアップとしても活用できそうですね。

WordPressのバックアップに関連する記事