TCDテーマで人気の機能のひとつであるクイックタグ機能ですが、先月リリースしたテーマ「Ankle」からマイナーチェンジが加えられています。設定項目が整理され、リアルタイムプレビューが新たに搭載されました。

どなたでも非常に使いやすくなっていますので、当記事でその概要をご紹介いたします。

クイックタグ機能とは

TCDテーマオリジナルの記事執筆やコンテンツの作成をサポートする機能です。例えば、見出しやボタンのデザインをあらかじめ登録しておいて、エディター内のボタン一つで投稿や固定ページ内に出力できます。

どの記事やページでも共通のものを簡単に設置できるので、整合性を保ちつつ、コンテンツ作成が捗るというわけです。細かい仕様や操作感は常にアップデートが加えられていて、テーマによって微妙に異なります。詳しくは下記記事を参考にご覧ください。

2022年最新版クイックタグ機能の概要

冒頭でも申しました通り、大きな違いはプレビュー機能が搭載された点です。機能は2021年版と同じですが、管理画面の仕様が改善されています。

従来の仕様ではダッシュボード内でデザインして、サイトのフロント画面を確認する必要がありました。最新版ではダッシュボード内で設定してそのままプレビューで確認できます。

それでは新仕様を機能別に見ていきましょう。

見出し

通常の投稿でも固定ページでも見出しはほぼ確実に使用しますよね。新しいクイックタグならこのように仕上がりを見ながら直感的にデザインできちゃいます。

見出し

文字サイズはもちろん、上下左右の枠線のタイプや背景色の有無をリアルタイムでプレビューしながら変更いただけます。h2からh5まで個別に設定可能です。

ボタン

ボタンも使用頻度は高いですよね。カラー、シェイプ、サイズ、ホバー時のアニメーションを自由に設定できます。ホバーしてカラーが変わる一般的なノーマルボタンに加えて、背景が透けているゴーストボタン、その反対のアクションのリバースボタンを選択可能です。

ボタン

↑のgifを見てもお分かりいただけるようにプレビュー内のボタンにホバーしてアニメーションを確認できます。最大3タイプまで登録可能ですので、投稿や固定ページ別で使い分ける際にも便利です。

アンダーライン

一部のテキストに下線を引いて強調させる「アンダーライン」。こちらも汎用性の高い機能です。

アンダーライン

線の色がプレビューされつつ、文字の太さやアニメーションの有無も設定できるようになりました。あらかじめ3色まで登録可能です。

吹き出し

会話調の吹き出しデザインもプレビューしながら作成できます。2セット(左右二個ずつ)まで登録可能です。

吹き出し

文字色やユーザー画像、背景色を変更してご自身のサイトにマッチしたデザインでご活用いただけます。

Googleマップ

住所や地名を入力して表示できるGoogleマップのデザインを設定可能です。

Googleマップ

サイトのカラーに合わせてモノクロにしたり、デフォルトのマーカーの代わりにテキストやロゴ画像も設置できます。店舗や会場までのアクセス等にご活用ください。

まとめ

2022年からマイナーチェンジされたクイックタグ機能についてご紹介して参りました。管理画面内でプレビューできるので、直感的に操作可能で使いやすくなっています。

今後リリースするテーマでもこの仕様を基準にアップデートを重ねていく予定です。コンテンツ制作をサポートするための機能ですので、お客様から一定のご要望があれば新機能追加も検討させていただきます。

当記事にコメントいただいたり、弊社SNS(FaceBook/Twitter)にメンションいただいても大丈夫です。ぜひお気軽にご意見をお聞かせください。