「コストをかけずにネットショップを開設したい」と考えている個人・企業に最適なのがWooCommerce。

  • 使用料なし
  • 本格的なネットショップが開設できる
  • ECサイトに必要な機能が揃っている
  • プログラミング知識は不要

WooCommerceは、ドメインとサーバーさえあれば、最短即日でネットショップが開設できる手軽なプラグインですが、「WooCommerce(ウーコマース)って何?」という方も少なくありません。国内ではBASEやSTORESが有名ですが、世界ではWooCommerceによるネットショップ開設が主流です。

本記事では、WooCommerceに関する基礎知識をお届けします。

WooCommerceとは?

WooCommerce(ウーコマース)とは、WordPressにインストールしてネットショップが作れる無料のプラグインです。

WordPressとは、世界中で最も使われているブログ作成サービス(CMS)
ブログだけでなく企業サイトや大規模のメディアサイトも作れるのが特徴

WooCommerceは、WooThemesというWordPressテーマ開発者によって2011年につくられました。アフリカのケープタウンにてノルウェー、英国、南アフリカ出身の3人の創業者が生み出したものです。

2015年5月にはWordPress.comを運営するAutomattic社に買収されたことで、ワードプレスとの親和性が高まりました。現在では世界でもっとも利用されているEC専用のプラットフォームです。
>> WooCommerceの歴史

WooCommerceの概要
開発者 WooThemes 運営者 Automattic社
リリース 2011年 ライセンス GPL
ユーザー層 個人・クリエイター・法人
特徴 WordPressのネットショップ作成プラグイン
利用料 0円(有料拡張プラグインあり)
テンプレート 無料テンプレートだけで9000以上
公式サイト https://woocommerce.com/
ダウンロード https://ja.wordpress.org/plugins/woocommerce/

WordPress公式ディレクトリによると、WooCommerceのアクティブユーザーは世界中で500万サイト存在し、用途としてはトラフィックの多いECサイトで多く利用される傾向があります。
>> WooCommerce | WordPress.org 日本語

無料版で物販やデータ販売に対応し、有料の拡張プラグインを使えば定期購読予約販売にも対応できます。いくつか有料の拡張プラグインが存在しますが、基本的に無料で利用できます。

決済手数料とドメイン・サーバー費用のみで運営できるため、中長期視点で見た場合に有利に働く特徴があります。

WooCommerceの主な機能

ネットショップに必要な機能は、WooCommerceで一通り揃っています。

  • ショッピングカート
  • 支払手段の選択
  • テンプレート選択と編集
  • 商品登録
  • 消費税率の設定
  • 配送オプション
  • SNSとの連携
  • 顧客管理機能

クレジットカード、銀行振込、PayPalやStripeなど、主要な決済に対応しています。クレジットカード導入には、あなた自身が決済代行業者と契約する必要があります。以下、主要な決済代行会社です。

  • GMOペイメントゲートウェイ
  • SBペイメントサービス
  • PayPal

他にもメルマガ発行やサブスクリプション決済、ダイナミックプライシングなど、一般的でない使い方をする場合でも、拡張プラグイン(有償・無償含む)で対応できます。

拡張性と自由度に優れているため、カスタマイズや追加プラグインの導入もできます。大規模ECにも問題なく対応できます。WordPress自体が拡張性が無限なので、例えば多言語対応のプラグインを追加すれば、日本のみならず海外へ向けての販売も実現できるでしょう。

「WordPress + WooCommerce」の組み合わせは、いいネットショップをつくるには最高の選択と言えます。

WooCommerceの用途

WooCommerceは、ECサイトの幅広いジャンルをカバーします。

  • アパレル
  • 雑貨
  • ハンドメイド製品
  • 家具
  • 食器
  • 観葉植物
  • 化粧品
  • オフィス用品
  • サプリメント
  • ペットフード
  • 楽器
  • デジタルデータ販売

有料の拡張プラグインを使えば、サブスクリプションや予約販売にも対応可能です。WooCommerceの利用者層は、「いいネットショップをつくりたい」という中長期的視点に立った運営者が多いのが特徴です。

世界シェア

WooCommerceのシェア率

参考:eCommerce technologies Web Usage Distribution

WooCommerceは、ECサイト作成サービスでNo.1のシェア率を誇ります。上のグラフは、世界の上位100万のECサイトで、どのサービスが利用されているかを計測したものです。(2022年3月1日時点)

以下は日本国内の分布図です。

CMSの分布

参考:eCommerce technologies Web Usage Distribution in Japan

日本国内のWooCommerceのシェア率は4位。2022年3月1日時点では、7,890のECサイトがWooCommerceで作成されています。下の画像はWooCommerceのプラグインページで公開されている、期間別のダウンロード数です。

WooCommerceダウンロード状況

1日あたりのダウンロード数が10万件を超えていることからも、世界中で利用されているサービスなのが分かるでしょう。

日本国内シェア率が低い理由

世界No.1シェア率を誇るWooCommerceが、日本でそこまで浸透しなかった理由の1つに「言語設定」があります。WooCommerceはアメリカの企業が開発したサービスのため、英語表記の設定画面がデフォルトです。しかし、これは一昔前までの話。

近年のアップデートにより、WooCommerceは公式に日本語対応しました。また無料のプラグイン「Japanized For WooCommerce」も利用できます。

※WooCommerce管理画面のイメージ

現在のWooCommerceは、英語に苦手意識のある人でも問題なく使えるようになりました。

コスト面比較

WooCommerceとネットショップ作成サービスのBASEをコスト面で比較します。

BASE WooCommerce
登録&利用料 無料 無料
決済手数料 一律6.6%+40円 銀行振込 0円
クレジットカード 2.9-3.6%程度
売上の入金手数料 750円 決済代行業者との契約による。無料〜数百円かかる場合が多い。
ドメイン 実費(月数百円〜) 実費(月数百円〜)
サーバー 無料 実費(月1000円〜)

結論から言うと、手軽にはじめるなら「BASE」、後々中堅クラス以上のECサイトに育てるつもりなら「WooCommerce」がおすすめです。

理由は、決済手数料にあります。
「WooCommerce」を利用する場合、決済手数料の料率は、あなたが契約する決済代行業者との契約内容によって決まります。例えば、中堅クラス規模の売上のあるECサイトであれば、決済代行業者との交渉もいい方向に進みやすいため、2.9%以下で進められる可能性は高いといった感じです。

規模の大きいネットショップであるほど、「WooCommerce」がお得ということになります。

一方、「BASE」は2022年3月時点で決済手数料が「6.6%+40円」となっていますが、今後ユーザー数の推移や経営状況によってはさらに値上げする可能性もあります(ローンチ初期は決済手数料3.3%)。ただ、その他の費用は抑えられるため、気軽に小規模なネットショップを立ち上げるならBASEがおすすめです。

価値のあるWebサイトがつくれる

WooCommerceとWordPressは、アメリカに本拠を置くAutomattic社が運営しています。同じ会社が開発・運営をするサービスだからこそ、相性が良いです。

これはどういうことかというと、サイト運営とショップ運営の両方がスムーズに行くということでもあります。WordPressはサイト作成、WooCommerceはショップ運営のためにあるツールだからです。

高度なネットショップを運営するのにWooCommerceは、いい選択です。

WooCommerceのメリット・デメリット

WooCommerceのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

  1. ブログと連携できる
  2. カスタマイズ性が極めて高い
  3. ネットショップサービスに依存せずにすむ
  4. テンプレートが充実

デメリット

  1. WordPressの知識が必要
  2. SEOスキルが求められる
  3. サーバー・ドメイン代がかかる

メリット1. ブログと連携できる

WooCommerce最大のメリットは、ブログと連携できるところです。

WordPressはWebサイト全体の43%を占めるシェア率で、ブログ構築サービス(CMS)の中では実に64%を誇ります。

シェア率が高い理由の1つが「SEO対策がされており、検索上位に上がりやすい」点です。
多くのネットショップオーナーの悩みどころは「自社サイトが検索上位に表示されない」ことではないでしょうか?

ECサイトに商品を登録するだけでは、検索上位に表示させることは難しいもの。
この際、ブログで商品の魅力や運営者のこだわりを発信すれば、より充実したサイトができあがります。

結果として「質の高いサイト」とGoogleに判断されやすく、検索上位に表示されやすくなるのです。

商品販売と情報発信をかけ合わせられるのは、WooCommerceならではのメリットと言えるでしょう。

メリット2. カスタマイズ性が極めて高い

WooCommerceは、カスタマイズ性の高さも魅力です。

WordPressには「テーマ」と呼ばれるテンプレートがあり、プログラミングの知識がなくても理想的なECサイトを構築できます。また、テーマを基にフルカスタマイズすることも可能です。

無料・有料問わず様々なプラグインがリリースされているので、欲しい機能をかんたんに実装できるメリットもあります。

メリット3. ネットショップサービスに依存せずにすむ

WooCommerceは、自社で用意したレンタルサーバーやドメインを使うため、自社管理ができるネットショップが作成できます。

つまり、「BASE」「Shopify」などのネットショップ運営サービスに依存しなくてすむということです。突然のサービス終了やルール変更に振り回されるリスクを下げられます。

また、かんたんにデータを複製できるので、似たようなネットショップを新たに立ち上げる際にも手間がかかりません。

WordPressのマルチサイト機能を有効化すれば、複数のサイトを一元管理できます。将来的に複数のECサイトを運営したい方はこの点も考慮しておくといいかもしれません。

メリット4. テンプレートが充実

WooCommerceは、世界中で利用されているプラットフォームなため、デザインテンプレートも充実しています。

WordPress公式ディレクトリには、現在9000以上の無料のテンプレートが登録されています。また、日本語対応の高機能な有料テンプレートも豊富にありますので、デザインの充実と用途の広がりはその他のネットショップサービスとは比較になりません。

>> 「WooCommerce」の検索結果 | WordPress.org

以下は、弊社がリリースしているプレミアムWordPressテンプレートです。

Ankle

WordPress theme Ankle
個人クリエイター向けのネットショップを開設するためのWordPressテーマ。

Ankle デモ

EGO.

WordPress theme EGO.
アパレルなど大規模なネットショップを開設するためのWordPressテーマ。

EGO. デモ

デメリット1. WordPressの知識が必要

WooCommerceを利用するには、WordPressの基礎知識が必要になります。

  • ドメイン取得
  • レンタルサーバー契約
  • WordPressインストール

上記の設定は最低限必要です。

使い方に慣れるまではハードルが高いと感じるかもしれませんが、ネット上にはWordPressに関する様々な情報を見つけられます。

弊社でもWordPressのインストール方法や便利なプラグインなどの情報を掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

WordPressの使い方大全集

デメリット2. 決済手段を用意する必要がある

初心者さんにとっては、ここが一番のハードルとなるかもしれません。

WooCommerceは、クレジットカード・コンビニ決済・後払いなどの決済手段を自分で用意する必要があります。正確に言えば、「決済代行業者と契約する」必要があります。特に難しい手続きはありませんが、趣味ではじめてみたい方には面倒な作業と言えます。

なお、裏技としては、ショップ開設当時は「銀行振込とPayPal送金のみ」で対応するという方法も考えられます。銀行振込は自分の銀行口座を用意、PayPalはアカウントさえあれば送金可能です。PayPalは、クレジットカードでも送金が可能です。ショップの規模が拡大してから、正式にクレカ決済やコンビニ決済にも対応するという流れでもいいかもしれません。

デメリット3. サーバー・ドメイン代がかかる

WordPressを利用するには、レンタルサーバーとドメインが必要です。

サイトの規模などにもよりますが、おおよそ月額1000-3000円程度のコストがかかると考えておきましょう。これは売上規模に関わらずかかってくる費用です。

WooCommerceを導入する流れ

WooCommerceによるネットショップ開設までの流れは次のとおりです。

  1. レンタルサーバードメインを用意する。
  2. WordPressをインストールする。
  3. WooCommerceプラグインをインストールする
  4. WooCommerceの初期設定。
  5. テーマ選び。
  6. 商品を登録。

それぞれの手順に解説リンクを貼っておきますので、順に御覧ください。

WordPressを使ったことがある人は「3.WooCommerceプラグイン」の導入からなので、楽ですね。かかる日数は慣れている人だと1-3日。まったくの初心者なら1-2週間はかかるかと思います。

まとめ

WooCommerceは、個人から大企業まで多様なニーズに対応できるECサイト構築サービスです。世界No.1のシェア率を誇るWooCommerceを上手に活用すれば、売れるECサイトの構築が可能です。

  • 月額費無料
  • SEOに有利
  • カスタマイズ性抜群
  • ブログやSNSと連携できる
  • 幅広い決済方法

様々なニーズに対応できるWooCommerceなら、あなたのアイデアを実現させられるはず。ECプラットフォームの値下げ合戦に悩まされている方も、WooCommerceで徐々に売上を伸ばしていけば、ライバルとの差別化にも繋がります。

伸び続けているEC市場で勝ち残るためにも、WooCommerceを導入してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたいWooCommerceの関連記事

第1回 :WooCommerceとは?(当記事)
第2回 :インストール
第3回 :基本設定
第4回 :商品登録
第5回 :クーポンの設定
第6回 :おすすめの決済サービス
第7回 :Stripeの導入
第8回 :PayPalの導入