スマホで簡単に支払いができる便利な決済サービス「楽天ペイ」。
全国の加盟店やショッピングサイトで利用できるほか、楽天ポイントが貯まるのも特徴です。

本稿では、楽天ペイの使い方について、チャージ方法、ポイント二重取りの方法、使えるお店などを徹底解説します。

 

楽天ペイとは?

楽天ペイ

楽天ペイは、楽天グループが提供するスマホ決済サービスです。楽天IDでログインし、公式アプリを使用して簡単にお支払いができます。

全国の加盟店やネットショッピングで利用することができ、楽天ポイントも貯まります。楽天経済圏でよく買い物をする方にとっては必須のペイメントサービスと言えます。

お店で使うには、楽天ペイアプリに表示されたバーコードやQRコードの読み取りで支払えます。

また、楽天IDに登録したクレジットカード情報を使用して、楽天以外のショッピングサイトでも利用することができます。

楽天ペイ

特徴

楽天ペイの特徴は以下のとおりです。

  • 楽天ペイのアプリから簡単に支払いができる
  • 最大2.5%のポイント還元
  • 対象のお店だけでなく、ショッピングサイトでも利用可能
  • 楽天ポイントや楽天キャッシュでのお支払いにも対応

楽天ペイは、便利なスマホ決済サービスであり、多彩な支払い方法とポイント還元の特典があります。

メリット・デメリット

楽天ペイのメリット・デメリットには、以下のようなものがあります。

メリット デメリット
・財布からお金を出すより簡単に支払いができる
・楽天ポイントが貯まる・使える
・コンビニやスーパー等、全国加盟店で利用可能
・ネットショッピングでも利用可能
・請求書払いではポイント還元されない
・請求書払いの場合、領収証書が発行されない
・通信環境が悪いと不具合が発生する場合がある

楽天ペイを利用することで、支払いの簡単さやポイントの貯まりやすいなど、さまざまなメリットが得られます。

また、個々の利用シーンやニーズに合わせてデメリットを考慮することが重要です。

使えるお店・サイト

楽天ペイを利用できるお店は、コンビニ・スーパー・ドラッグストア・飲食店など様々なお店で利用可能です。楽天ペイが使える代表的な実店舗を一部掲載しておきます。

楽天ペイが利用できる実店舗
ローソン セブンイレブン ファミリーマート
ユニクロ GU ファッションセンターしまむら
イオン 東急ハンズ 洋服の青山
サイゼリア モスバーガー ミスタードーナツ
ほっともっと スターバックス くら寿司
吉野家 ウェルシア マツキヨ

楽天ペイが使えるショッピングサイトには、以下のようなものがあります(一部掲載)。

楽天ペイが使えるサイト
ニッセン ベルーナ adidas Online Shop
JINSオンラインショップ マクドナルド ドミノ・ピザ
ピザハット 三越オンラインストア 伊勢丹オンラインストア
大丸松坂屋オンラインストア 東急百貨店ネットショッピング めちゃコミック
コミックシーモア mobage TOHOシネマズ
ユナイテッド・シネマ グループ プレミアムバンダイ コジマネット
アイリスプラザ ソニーストア パナソニックストアプラス

なお、楽天ペイは楽天市場やAmazonでは使えませんのでご注意ください。以下の公式ページでは、楽天ペイが使える対象店の地図や、ショッピングサイトが掲載されています。

楽天ペイの使い方

楽天ペイは、主に公式アプリで各種お支払いをすることができます。

また、オンラインショップの場合は、楽天会員IDから楽天ペイで決済することもできます。

アプリのインストール

楽天ペイを使うには、はじめに公式アプリをインストールします。

以下のApp StoreまたはGoogle Playの公式ページからダウンロードすることができます。

その他、App StoreかGoogle Playの公式サイトやアプリから「楽天ペイ」と検索しても表示されます。アプリのページが表示されたら「インストール」ボタンを押してダウンロードします。

登録方法

楽天ペイで楽天会員の登録をします。すでに他に楽天サービスで会員登録した場合は、そのIDで楽天ペイを利用できます。

楽天ペイアプリで会員登録するには、はじめにアプリを起動します。ログイン画面が表示されますので、下にスクロールして「楽天会員登録(無料)」を押します。

楽天ペイの登録とログイン方法1
楽天ペイの登録とログイン方法2

必要事項を入力して電話番号認証させたら、登録完了です。

楽天ペイの登録とログイン方法3

ログイン方法

すでに楽天会員の方がログインするには、楽天ペイのアプリを立ち上げます。

登録したID又はメールアドレスを入力し、「次へ」を押します。その後、パスワードを入力して、「ログイン」を押すとログインされます。

楽天ペイの登録とログイン方法4
楽天ペイの登録とログイン方法5

チャージ方法と上限

楽天ペイはお支払い元の設定をすると、直接クレジットカードや楽天銀行から引き落として支払えます。しかし、オンライン電子マネーの「楽天キャッシュ」にチャージしてから、各種お支払いをすることもできます。

参考:オンライン電子マネー「楽天キャッシュ」

楽天キャッシュにチャージするには、以下6つの方法があります。

チャージ方法 チャージ元
①楽天カード(※) 楽天のクレジットカード
②楽天銀行 楽天銀行口座
③セブン銀行ATM コンビニやスーパーにあるセブン銀行ATM
④暗号資産チャージ 楽天ウォレットアプリ内の仮想通貨
⑤ラクマ売上金 フリマアプリ「ラクマ」の売上金
⑥楽天ギフトカード 楽天市場などで使えるギフトカード
※コンビニやスーパーで購入可

※楽天カードのみ200円ごとに1ポイント還元。それ以外のチャージ方法はポイント還元なし

チャージの上限額は以下のとおりです。

項目 チャージ上限
1ヶ月 50万円まで
1回あたり 50万円まで
チャージ単位 1,000円以上で1円単位で入力可

今回は、チャージの操作がほぼ同じの楽天カードと楽天銀行での方法で解説します。

楽天ペイにチャージするには、アプリのトップ画面から「楽天キャッシュ」を押します。

楽天ペイのチャージ方法1

「チャージ方法」を押すか、「その他のチャージ方法」の4つのアイコンを押します。

楽天ペイのチャージ方法2

「チャージ方法」を押した場合は、以下の手順となります。

  1. 楽天カードか楽天銀行を選択して、画面どおりに連携設定をします。
  2. 「設定する」を押します。

楽天ペイのチャージ方法3

その後、チャージ画面に戻ります。

  1. 入力欄にチャージしたい金額を入力します。
  2. 「チャージする」を押すと、楽天キャッシュにチャージされます。

楽天ペイのチャージ方法4

お支払い元の設定

楽天ペイで支払う際に、はじめにお支払い元の設定をする必要があります。

楽天ペイでは、以下のお支払い元が設定できます。

  • クレジットカード・デビットカード(Visa・Mastercard・JCB・American Express)
  • 楽天銀行口座払い
  • 楽天キャッシュ(チャージ式)

お支払い元の設定をするには、アプリのトップ画面から「お支払い元」を押します。

楽天ペイの支払い元設定1

設定画面が表示されますので、お支払い元を選択してカードや口座を登録します。

その後、「設定する」ボタンを押して設定完了です。

楽天ペイの支払い元設定2

別途、溜まった楽天ポイントで支払う設定をすることもできます。

  1. トップ画面から「すべてのポイント/キャッシュを使う」の左側の丸を押します。
  2. 右側の「設定」を押します。

楽天ペイの支払い元設定3

初期設定では、ポイントを「すべてを使う」になっています。

必要に応じて「一部を使う」を押し、上限ポイントを入力後に「OK」を押して完了します。

楽天ペイの支払い元設定4

この設定をすると、楽天ペイのお支払い後にポイントから差し引かれます。

お支払い方法と上限

楽天ペイのお支払い上限額は、お支払い元や会員ランクによって異なります。

参考:会員ランクとは何か知りたい|楽天市場

お支払い元 会員ランク 支払い上限額
1回 過去24時間 1ヶ月(※)
クレジットカード ダイヤモンド会員 最大50万円 最大50万円
楽天銀行口座 なし
楽天キャッシュ 最大50万円
楽天ポイント
ダイヤモンド会員以外 最大3万円 最大10万円

出典1:楽天ペイで支払いできる上限金額はいくらか|みんなのマネ活
出典2:利用できる楽天ポイント・楽天キャッシュの上限金額について – 楽天ペイアプリ

また、楽天ペイアプリで、支払い方法別の上限額は以下のとおりです。

支払い方法 支払い上限額 ※ダイヤモンド会員
お支払い元設定 1回 過去24時間 1ヶ月
  • コード払い
  • QR払い
  • セルフ払い
最大50万円 最大50万円 最大50万円
あとで設定 最大3万円 最大3万円(※) 最大10万円
請求書払い 最大30万円 最大100万円
あとで設定

出典:楽天ペイアプリの利用上限金額について – 楽天ペイアプリ
※:過去24時間ではなく、1日(0:00〜24:00)となります。

なお、お支払い上限額は、ご利用状況によって異なる場合があります。

お店で楽天ペイの支払い手順は、以下のとおりです。

①お店でバーコード/QRコードを読み取ってもらう:

楽天ペイの対象店で、バーコードやQRコードを表示して支払う方法です。お店で楽天ペイを使う場合は、この方法が最も多いかもしれません。

  1. 楽天ペイ対象店で、商品をレジへ持っていきます。
  2. アプリのトップ画面にあるバーコード/QRコードを表示します。
  3. 店員さんにバーコードかQRコードを読み取ってもらい、お支払い完了です。

※セルフレジの場合は、バーコード/QRコードを機械の読み取り部にかざします。

楽天ペイの支払い方法1

※不正利用防止のため、ぼかしを入れています。

②お店のQRコードを読み取る場合:

今度は、楽天アプリ側のQRコードではなく、お店側のQRコードを読み取って支払う方法です。筆者の経験では、お店側のQRコードはレジに置いてある事が多いです。支払い方としては、はじめに楽天ペイ対象店で商品をレジへ持っていきます。

楽天ペイアプリのトップ画面から「QR読み取り」を押します。

楽天ペイの支払い方法2

スマホのカメラから、お店側が用意しているQRコードを読み取ります。

楽天ペイの支払い方法3

金額を入力して、「スライドでお支払い」ボタンを右にスライドしてお支払いが完了です。

②セルフ払い:

楽天ペイのセルフ払いとは、アプリからお店を選択して支払う方法です。

レジに並ばず、店員さんとのやりとりが不要の便利な支払い方法です。

セルフ払いは、事前にスマホの位置情報設定をONにする必要があります。

セルフ払いをするには、楽天ペイアプリのトップ画面から「セルフ」を押します。

楽天ペイの支払い方法4

セルフ払い対応店が表示されますので、支払いするお店を選択します。

楽天ペイの支払い方法5

選択したお店ページの下部にある「このお店でお支払いする」を押します。

楽天ペイの支払い方法6

金額を入力して「スライドでお支払い」ボタンを右にスライドしてお支払い完了です。

楽天ペイの支払い方法7

楽天サービス以外のオンラインショップ:

オンラインショップで楽天ペイを利用するには、事前にお支払い設定をするか、購入時に楽天ペイを選択します。

ただし、オンラインショップによって手順が違う場合がありますので、各オンラインショップでご確認ください。

楽天ペイの支払い方法8

※画像は、コジマネットより

請求書払い(公共料金・税金)

電気・ガスなどの公共料金や、住民税・自動車税・固定資産税などの請求書(振込票)を楽天ペイで支払うことができます。

楽天ペイの請求書払いは、全ての自治体で使えるわけではなく、指定のお支払い先のみとなります。

現在対応している自治体は、以下の公式ページからご確認ください。

参考:楽天ペイの請求書払い – 楽天ペイアプリ

楽天ペイの請求書払いの手順は以下の通りです。

アプリのトップ画面から下にスクロールします。

楽天ペイの請求書払い1

「請求書払い」を押します。

楽天ペイの請求書払い2

「請求書のコードを読み取る」を押します。

楽天ペイの請求書払い3

請求書に印字されたQRコード又はバーコードを読み取ります。

楽天ペイの請求書払い4

確認画面へ進み、お支払いを完了します。

送金方法

楽天ペイアプリを使用して、他者の楽天キャッシュへ簡単に送金できます。

ただし、受取人が楽天IDを取得していないと、楽天キャッシュを受け取ることができません。

受取人が事前に楽天IDを作成するか、受け取り後に作成する必要があります。

送金の下限や上限額は以下の通りです。

1回あたりの送金下限額 1,000円
1回あたりの送金上限額 10万円
1か月の送金上限額 100万円

楽天ペイから他者へ送金する方法は、以下の通りです。

  1. アプリのトップ画面から「R Cash チャージ・送る」タブを押します。
  2. 「楽天キャッシュを送る」を押します。

楽天ペイの送金方法1

事前に楽天ペイとスマホの連絡先を同期しておくと、連絡先一覧が表示されます。

連絡先は、あとから同期して表示することもできます。

連絡先から楽天ペイの利用者が「R Pay」と表示されますので、その人を選択するとスムーズに送金できます。

連絡先から楽天ペイ未利用の人を選択すると、「メールやSNSで送る」ボタンが表示されるので、そちらを押します。

連絡先に入っていない方へ送る場合も、ページ下部に表示される「メールやSNSで送る」ボタンを押します。

楽天ペイの送金方法2

今回は、楽天ペイ利用者を選択した場合の画面で表示しています。

  1. 入力欄に金額を入力します(必要に応じてメッセージを入力)。
  2. 「確認へ」を押します。

楽天ペイの送金方法3

「スライドで送る」を指で押して、右にスライドすると送金されます。

楽天ペイの送金方法4

楽天ペイ未利用の方の場合は、メールやSNSに受け取り用リンクが送付されます。

受け取り側は、そのリンクを押して、楽天IDでログインしてから受け取ります。

その他の送金の詳細は、楽天ペイの公式ページからご確認ください。

参考:楽天キャッシュの送り方 – 楽天ペイアプリ

楽天ペイでポイントを貯める方法

楽天ペイでポイントを貯める方法は、大きく分けて以下の2つがあります。

  1. 楽天ペイのお支払いでポイントを貯める
  2. 楽天ペイのキャンペーンに参加する

また、ポイント二重取りできる方法もありますので、それぞれ解説していきます。

お支払いでのポイント還元率

お支払い元 チャージ元 還元率 ポイント進呈日
楽天キャッシュ 楽天カード 1.5% 翌日(0.5%分は翌月)
その他 1% 翌日
楽天カード 1% 翌月15日前後
楽天銀行口座 1% 翌日
楽天ポイント(※) 1% 翌日

出典:楽天ペイのコード・QR払いで最大1.5%還元 – 楽天ペイアプリ
※:楽天ペイアプリ内にある楽天ポイントカードでの支払い分は対象外

楽天ペイのポイント還元率は通常1%、最大で1.5%となっています。

具体的には、楽天カードから楽天キャッシュへチャージした場合に0.5%。

その残高でお支払いすると1%還元され、合計で1.5%のポイント還元となります。

また、楽天銀行口座やセブン銀行ATMなどでチャージしてお支払いした場合は、一律1%のポイント還元となります。

その他、お支払い元を楽天カード、楽天銀行口座、楽天ポイントに設定してお支払いをした場合は、一律1%のポイント還元となります。

なお、楽天ペイの請求書払いはポイント対象外となります。

ポイント二重取り

楽天ペイでは、ポイントを二重取りする方法があり、ポイント還元率を最大2.5%にすることができます。

この方法は、楽天カードが必須となりますので、あらかじめのお申し込みが必要です。

また、対象店での支払いのみとなりますので、オンラインショップではできません。

ポイント二重取りの方法は、以下の手順で行います。

  1. 楽天カードで楽天ペイにチャージする
  2. 楽天ペイと楽天ポイントの対象店で商品を選ぶ
  3. レジで楽天ポイントカードをスキャン
  4. 楽天ペイの「コード・QR払い」でお支払い

この方法で、通常の支払いよりも楽天ポイントが溜まりやすくなります。

楽天ポイントカードと楽天ペイの対象店は、以下の公式ページからご確認ください。

参考:楽天ペイアプリで支払うとダブルでポイントが貯まる!- 楽天ペイアプリ

キャンペーンで貯める

楽天ペイでは、定期的に複数のキャンペーンを開催しています。

キャンペーンに参加すると、通常よりも多くのポイントを貯めることができます。

具体的には、以下のようなキャンペーンが開催されていました。

  • 楽天ペイの新規登録+初の支払いで合計1,000ポイント
  • 毎月1日・11日・21日・31日にチャージすると、抽選で10,000ポイント(チャージの日)
  • 期間中にセブン銀行ATMでチャージすると、抽選で10,000ポイント
  • 楽天ペイの各機能を初めて使うと、それぞれ100〜200ポイント
  • お友達紹介で500ポイント、紹介された側にも500ポイント

これらのキャンペーンでポイントが進呈されるには、それぞれ条件付きの場合があります。

例えば、各キャンペーンページからエントリーボタンを押す+楽天のメルマガ購読が必須になるものが多いです。エントリーし忘れると、ポイントが進呈されませんので注意が必要です。

一部のキャンペーンではエントリー不要な場合がありますが、別の条件が必要な場合がありますので注意が必要です。

楽天ペイの最新キャンペーンについては、以下の公式ページからご確認ください。

参考:キャンペーン – 楽天ペイアプリ

まとめ

本記事では、楽天ペイの使い方について、チャージ方法、ポイント二重取りの方法、使えるお店などを徹底解説しました。

楽天ペイは、クレジットカードやセブン銀行ATMなどから簡単にチャージでき、使えるお店も豊富です。

最大2.5%のポイント二重取りをしたい場合は、楽天カードでのチャージと楽天ポイントカードの利用が必須となります。

また、楽天ペイの各種キャンペーンを利用することで、よりポイントを貯めやすくなります。

本稿で解説した内容を参考に、ぜひ楽天ペイを活用してみてください。

おすすめWordPressテーマ
GENESIS

WordPress Theme GENESIS

第一印象で心を掴むコーポレートサイトを構築するWordPressテーマ。

GENESIS
デモ

REHUB

WordPress Theme REHUB

日本地図・高度検索を搭載した口コミレビューサイト用WordPressテーマ。

REHUB
デモ

楽天サービスの記事一覧

第1回:楽天アフィリエイトとは?
第2回:楽天ROOMとは?
第3回:楽天ウェブ検索とは?
第4回:楽天ペイとは?(当記事)
第5回:楽天Edyとは
第6回:楽天ポイントモールとは?
第7回:楽天キャッシュとは?
第8回:楽天インサイトとは?
第9回:楽天ブックスとは?
第10回:楽天リーベイツとは?
第11回:楽天koboとは?

Tsukasa Honda

Tsukasa Honda

2012年頃からフリーランス。Webサイト運営やネット集客などの仕事に従事。カリフォルニア大学デービス校の「コンテンツマーケティング戦略」や、世界的コンサル会社アクセンチュアの「Web分析」など各種講座を修了。スタバとマーベル映画ファン。